あさつきのすゝめ

2013年11月11日
0
0
B+雑記
今日はオススメの植物を紹介する。
それは「あさつき」

アサツキは冬の野菜で、夏になると地上部の葉は枯れ休眠する。

チャイブと比べると草丈が低く鱗茎があり、また味覚はチャイブのような青臭さは少ないが、やや辛味がある。

チャイブと同様にコンパニオンプランツ(共栄植物)として利用する事が出来る。

薬味として、またスープ、汁、卵焼き、和え物、炒め物などに使用される。

wikipediaより



鍋の具や薬味にかかせないのが長ネギだが、具材としてではなく薬味として必要な場合はこのあさつきで代用できる。


DSC00261.jpg
トレーラーの裏手に大量に生えているあさつき

ネギは植えても使うとすぐ無くなってしまうが、あさつきは大量に生えるため薬味として使っているぶんには無くなる心配がない。
何よりそこらへんに自生していてすぐ手に入るのが魅力。

DSC00262.jpg
これくらい摘んで

DSC00260.jpg
パラっと薬味

これからの季節は鍋と薬味が大活躍するので、みなさんもあさつきを探してみてはどうだろうか?



関連記事
番号なし
Posted by 番号なし
無職透明
家犬儒学派
B+ライフ模索人
twitter:@No__Number


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply