寝起きは気持ちが弱くなる

2014年02月11日
2
0
B+雑記
寒さのせいでなかなか布団から出られない日々が続いてる。
なぜ頭が半分眠りの中にあるようなときはこれほど気持ちが弱まるのか?
寒いからもう少し寝よう、眠いからもう少し寝よう……いったん起きてしまえば大したことない寒さなのに
「寒すぎて布団から出たくない」という気持ちに毎回負けてしまう。
昼ごろに目覚めて寒さに負けてしまうと気づけば15時間睡眠は当たり前、ガラス窓に映る景色は暗黒で、示す時刻は午後20時。

このままではイカンと思い、明日からは目覚まし時計で起きようとスマホに目覚ましアプリを入れた。
明日こそは昼過ぎに起きて買い出しをし、散歩をして、夕方には筋トレを始めるんだ……。

白雪が 積もれど外は ただ黒し



関連記事
番号なし
Posted by 番号なし
無職透明
家犬儒学派
B+ライフ模索人
twitter:@No__Number


Comments 2

There are no comments yet.

leaf69  

この話スゴく分かりますね。
寝起き時の心の無防備さ➕寒さは本当にやる気を持ってかれますよね。

2014/03/02 (Sun) 15:16

番号なし  

1

>leaf69さん
そうなんですよね。
ここのところは何とか昼には起きれるようになったので明るいうちにやりたかったこともギリギリできてる感じですが

2014/03/03 (Mon) 17:03

Leave a reply