疲れとわあああ

2014年05月19日
3
0
B+雑記
突然ですけどソローの森の生活は「こんな生活だってあるんだ」という肯定的な見方が出来るが、彼はあの生活を2年2ヶ月しか続けてない。たった2年2ヶ月だ。
それで「これでも生きていけるんだ!」なんて言うのか?僕は人生が終わるまでやりたいんだ。

というわけで?上記とは全く関係無い話に移行します。
いまブロッコリーを栽培しています。
20株近く植えたが今日の朝みたら根切り虫に根をやられて2株ほどシナシナになっていた。
葉のほうは有機農法にも使える菌を散布するBT剤のおかげで全く虫がついていない。
BT剤は以前にも触れたが、菌で出来ており生物農薬と言われる。
1株だけBT剤は撒かずに放置しておいたけど、その苗は見るも無残なほど葉を食べられ尽くしてしまった。
アブラナ科の葉は虫にとってかなり美味らしくスグやられる。
以前に植えたことのあるアブラナ科の芽キャベツも葉はボロボロだった。

このブロッコリーは育ったら道の駅に卸す予定。(もちろん食べきれなくて余った分だけ)
道の駅は野菜1個から置いてもらえるので暇つぶしの家庭菜園の活用としては十分だと思う。
あくまでも暇つぶし。

明日は散歩と草むしりをする予定。




関連記事
番号なし
Posted by 番号なし
無職透明
家犬儒学派
B+ライフ模索人
twitter:@No__Number


Comments 3

There are no comments yet.

煮る  

1

彼は「ずっと小屋でもやっていける」って思ってたはずです。
でも活動家の側面もあったので彼の人生が小屋に収まらなかった

2014/05/19 (Mon) 22:09

番号なし  

1

>煮るさん
>でも活動家の側面もあったので彼の人生が小屋に収まらなかった
上手く言葉に出来ないけど何か少し可哀想な気がしますね。
小屋暮らしが本望でもあっただろうに。

2014/05/20 (Tue) 14:06

わたし  

1

番号無しさんがヒキコモリでソローがまともな人だったってだけの話です。
まともな人は、そんな囚人みたいな生活を長く続けたいなんて思わないんですよ。
番号無しさんは人類全員が虐められっこでヒキコモリの異常性格だと思ってるのかな。

2014/10/30 (Thu) 22:09

Leave a reply